川崎市制記念多摩川花火大会 穴場や場所取り方法必見!10月5日(土)

イベント

夏の楽しみといえばお祭りと花火。

多摩川を挟んで川崎市と世田谷区双方から夜空満開の花火を観覧できる「第78回川崎市制記念多摩川花火大会」が今年も開催されます。

混雑必至、人気の花火大会ですが穴場情報や場所取り方法などについてお教えします!

「第78回川崎市制記念多摩川花火大会」開催情報

始まりは六郷橋での川開き。

二子橋付近の多摩川河川敷で行われる花火大会で、近隣住民は元より関東にお住まいの方なら行ったことのある方も多いでしょう。

川崎市主催の「第78回川崎市制記念多摩川花火大会」と世田谷区主催の「世田谷区たまがわ花火大会」が同時開催されることもあり、かなり大規模な花火大会となっています。

全国でも神奈川県内でも1位の人気を誇る花火大会となっているため、有料席の確保が望ましいと思います。

世田谷区側でも川崎市側でも有料協賛席を購入することができますよ。

川を挟んで北に世田谷区・南に川崎市といった位置関係で何方からでもかなり近い位置で花火を観覧することができます。

当日は多摩沿線道路も交通規制が行われ、車での来場はかなり渋滞する可能性が高いです。

電車での来場が無難でしょう。

以下大会情報です。

「第78回川崎市制記念多摩川花火大会」:

花火打ち上げ日:2019年10月5日(土)

打ち上げ時刻:18:00~19:00

打ち上げ予定数:約6000発

混雑の様子:例年約18万人以上の観覧客

開催場所:神奈川県川崎市高津区 多摩川河川敷(国道246号二子橋~第三京浜道路)

アクセス:

☆川崎会場へのアクセス

東急田園都市線→二子新地駅より徒歩15分

→高津駅より徒歩25分

☆上野毛会場へのアクセス

東急大井町線→上野毛駅より徒歩8分

東急田園都市線→二子玉川駅より徒歩約9分

「第41回世田谷区たまがわ花火大会」:

花火打ち上げ日:2019年10月5日(土)

打ち上げ時刻:18:00~19:00

混雑の様子:例年約39万人以上の観覧客

開催場所:東京都世田谷区鎌田1-3-5 二子玉川緑地運動場

アクセス:

☆川崎会場へのアクセス

東急田園都市線→二子玉川駅から成城学園前行きのバスで約8分 吉沢停留所下車

昨今資金不足による花火大会の中止なども取りざたされている事からかHPなどでは協賛金の募集も行われています。

「第78回川崎市制記念多摩川花火大会」観覧穴場情報

 

川崎側からの穴場と世田谷方面からの穴場をいくつか上げていきます。

地元民ならではの情報より、ピックアップしています。

川崎側の穴場スポット:

花火 花火大会 隅田川 水戸街道 国道6号 カップル 歩行者天国 夏 夜景 夜 国道 行事 打ち上げ 見物 見物客 恋 恋人 男女 道路 センターライン

①東名高速付近の河川敷

小田急線「和泉多摩川駅」より徒歩約30分程度。

お子様連れなどを含め混雑を避けたいけれど花火を見たいという方におススメです。

②宇名根公園

南武線「久地駅」より徒歩15分程度のところにある球場です。

少し花火からは離れてしまいますが、割合人も少なめでゆっくり眺めたい方にはおススメですね。

③宇名根パーク

こちらは駅からかなり距離があるので、混雑するのは嫌、歩くのは平気といった方に向いています。

南武線「久地」「津田山」の何方からでも約20分程度で行くことができます。

④高津せせらぎ公園

世田谷区の多摩川遊園と多摩川を挟んで反対側に位置します。

会場からの距離がある程度あるため、比較的混雑は少ないでしょう。

ただし、川を渡る花火「ナイアガラ」などは位置的に見るのが難しいと思います。

⑤ローソン川崎久地二丁目店前

東急田園都市線「二子新地駅」より徒歩15分程度のところにあるコンビニ店です。

当日は花火客目当ての店頭販売も行っていますから、ローソンで飲み物を買って立ち飲みしつつ花火鑑賞といった感じです。

店頭ですから茣蓙などをひいて座ってみることはできませんので小さなお子様連れの場合は注意してくださいね。

世田谷川の穴場スポット:

①玉川高島屋屋上庭園

東急田園都市線「二子玉川駅」より徒歩5分程度。

場所としては一押しなんですが、やはり当日の混雑は予想がつきますね。

帰りの電車利用なども考えるとかなり込み合うことを覚悟した方が良いでしょう。

②多摩川台公園

東急東横線「多摩川駅」より徒歩5分の所にあります。

公園内から花火を見ることのできるおススメ穴場スポットです。

お子様と一緒にピクニック気分で遊んだあと花火を堪能できますよ。

③砧野球場

打ち上げの会場からは少々距離があるため、混雑を避けることができます。

小田急線「成城学園駅」より徒歩約30分程度。

公園内でトイレなどの利用が容易であることは嬉しいですね。

④瀬田玉川神社前の坂路

神社の坂道から花火を眺める形です。

場所は二子玉川の岡の上にあります。田園都市線「二子玉川駅」より徒歩14分程度です。

地元の方がほとんどなのでゆっくりと花火を堪能できますよ。

「第78回川崎市制記念多摩川花火大会」場所取り方法

先にお届けした穴場スポットの場所取りは、公園などであれば早めに行くなどして確保することができますが、路上で鑑賞するような所については、事前の場所取りはかなり難しいと思います。

当日行ってみてその場所で見られるのかはちょっとした賭けになってしまいますね。

家族や友人たちと行くならやはり場所取りはしておきたい、という人のために、場所取り方法について少し情報を載せておきます。

場所取りの注意点:

会場からの距離をせいぜい1キロから2キロで花火のみえる場所を確保しましょう。

余り離れすぎると花火の音も小さめになりなんとなく物足りない感じになってしまいます。

直線距離で花火から適度な距離を考えて場所取りをする場を決めましょう。

持って行った方が良いもの:

・レジャーシート(テントは禁止のところもあるためシートがおススメ)
・虫よけ・虫刺されの薬
・お手拭き
・クッションや低めの椅子
・飲食物
・日焼け止めや日よけ
・ごみ袋
・タオル
・懐中電灯(小さなもので十分)
・できればクーラーボックスや保冷剤
・うちわや扇子
・お子様がいる場合などは携帯トイレなども
・あると便利なモバイルのバッテリー
・雨具(100均の合羽などで十分)

マナー:

事前にその場所が場所取りをしても大丈夫かを確認しましょう。

また、テントなどを利用しても良いのかも確認が必要です。

ごみはしっかり持ち帰りましょう。

近隣の人に迷惑をかけないことを注意しましょう。

注意事項:

花火大会の前日などからシートを敷きっぱなしなどはしてはいけません。

花火大会の場所取りはたいて当日、開始の2~3時間前よりとなっています。

それでもどうしても確保したいという場合は、禁止されていないかなどの確認をとってから場所取りをするようにしましょう。

近隣とのトラブルとなることの無いようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました