川崎市「かわさき宙と緑の科学館」の楽しみ方

川崎

子供だけにあるわけではない宙への憧憬。

大人になっても忘れることのない、冴え冴えとした夜空に浮かぶ月。

満天の星空を見たいけれどどこに行けば見られるのかわからない。

子供を連れて夜に山に出かけるのも難しい。

都会ではなかなかお目にかかれないそうした星々に出会える空間がここにはあります。

かわさき宙と緑の科学館についてご紹介します。

かわさき宙と緑の科学館とは

新しく完成した自然科学棟の外観からイメージされた「サイエンスプリン」は「川崎市青少年科学館」=「かわさき宙(そら)と緑の科学館」のマスコットキャラクターです。

かわさき宙と緑の科学館の各種案内などに登場するサイエンスプリンは子供たちに大人気。

かわさき宙と緑の科学館のマスコットキャラクターとして子供たちを迎えてくれます。

川崎市にあるかわさき宙と緑の科学館は、生田緑地の中にあります。

市内で唯一の自然・科学系の登録博物館として子供から大人まで楽しめる施設となっています。

平成24年4月にリニューアルオープンして通称「かわさき宙と緑の科学館」となりました。

基本方針

最新鋭のプラネタリウム設備、一新された自然学習棟・研究管理棟からなるこの科学館は、生田緑地内の自然環境などを活用しながら自然・天文・科学の3分野において様々な研究・普及に取り組んでいます。

開かれた博物館

体験する博物館

育む博物館

つなげる博物館

4つの基本方針を掲げた近代的な科学博物館として地域の人のみならず多くの来場者ににぎわう科学館となっています。

トピック:

生田緑地公園内にあることから科学博物館に出かけるだけではなく自然と親しむ・自然の中で遊ぶといった楽しみ方もできるのがこのかわさき宙と緑の科学館の良いところです。

小さなお子様と一緒の家族連れとなると、どうしても上の子供だけのために科学館に一日を費やすのは難しかったり、また下の子供の遊べるところをと思うと上の子供は退屈したり。

この生田緑地ではそうした不自由さを感じることなく家族がそれぞれに楽しむことができると思います。

科学館では教室や観察会もたくさん実施されています。

当日参加できる教室・講座・観察会や、事前申し込みが必要な教室・講座・観察会など。親子で楽しむことのできるイベントも盛りだくさん。

土日・祝日にはワークショップも開催されるなど、一日中楽しむことのできるところですね。

かわさき宙と緑の科学館の施設について

科学館内の施設についてご紹介します。

常設展示:

・自然体験

〇自然の展示

1Fの展示室には川崎の自然を5つのテーマで解説しています。

「台地」「丘陵」「まち」「多摩川」「生田」に分けて生息する動物のはく製などの展示も行われています。

実際に身近にいる鳥や動物のはく製を見た子供たちの反応は様々。生き物の種類の多さに驚く子供たちも。

〇教室・観察会

自然観察会や展示を活用したワークショップなどを開催しています。

・天文体験

〇プラネタリウム

メガスターⅢフュージョンとデジタルスペースエンジンuniviewで世界最高水準の星空を見ることができます。

満天の星空を見上げた時、自分の居場所を忘れてしまいそうですね。

〇天体観測スペースアストロテラス

3Fのアストロテラス星空観察会が開催されます。

昼間でも見られる明るい星や太陽の表面の様子などを観察することができます。

〇天文の展示

1F・2Fの天文展示コーナーでは太陽系の惑星から宇宙の構造まで詳しく解説してくれています。

隕石の実物に触れることもできますよ。

〇科学体験

気軽に参加可能な実験コーナーから申し込み制の科学実験コーナーまで楽しい教室を開催しています。

科学の不思議さや面白さを体験することができますよ。

屋外には、通称デコイチと呼ばれる「D51型蒸気機関車」が常設展示されており、乗ってみることもできるようになっています。

科学館で退屈になってしまった小さな子供も、機関車をみれば上機嫌になるかも。

かわさき宙と緑の科学館開催の教室・観察会について

通年、様々な教室や講座・観察会・企画展などが行われています。

当日参加できる教室・講座・観察会:

①生田緑地観察会:生田緑地を案内してくれるネイチャーガイド

②サイエンスワークショップ:サイエンスをテーマとした簡単な工作や観察・実験

③星を見る夕べ:天体望遠鏡や双眼鏡を使って月・惑星・星雲・星団などを観察

④アストロテラス:太陽の表面や昼間でも見られる星を観察

事前申し込みが必要な教室・講座・観察会

⑤不思議な実験室:飛行機がどうして飛べるのかを科学する

⑥わくわく科学実験室:乾電池を使って豆電球をつけるなどの実験

⑦未就学児のための生き物教室:モグラってどんな生き物?

※事前申し込みはホームページからできます。
往復はがきでも可能。

教室・講座・観察会の申し込み詳細についてはこちら

かわさき宙と緑の科学館の楽しみ方

様々な教室・講座・観察会などが開催されているかわさき宙と緑の科学館を楽しむためにはどんなプランがいいのでしょうか。

☆科学館満喫プラン:科学館で「自然」「天文「科学」を一日楽しむ

☆芸術プラン:星空や生田緑地・岡本太郎美術館を楽しむ

☆欲張り生田緑地プラン:生田緑地内のスポットを一日かけて楽しむ

それぞれの楽しみ方については「かわさき宙と緑の科学館」で紹介されています

生田緑地の敷地はかなり広いと思います。

それぞれに魅力的な科学館・日本民家園などの展示物を見るだけでも、かなり時間がかかるものと思われます。

かわさき宙と緑の科学館だけを目当てに訪れるには少々もったいないかもしれませんね。

時間の許す限り遊んでしまおう、と考えるのであればしっかりとプランを練ってお出かけすることをお勧めします。

プラネタリウムなどは特に人気で、朝いちばんにチケットの購入をお勧めします。

土日でも5回しか上映されることがないため、朝の時点でかなりの人数が並びます。

連休中などには朝9:30の時点で並んでも買うことができないなんてこともあります。

早めに行って、希望時間のチケットを取ってから、展示物を見にいくなど、時間の余裕をもってお出かけした方が良いでしょう。

食事などについても、昼食時はかなり込み合います。

座る席の確保をしっかりとしてから商品の購入をする方が安心です。

また、お弁当など持参で芝生で食事もいいですね。

小さなお子さんをお持ちの方は特に注意が必要ですね。

ワークショップなどは当日申し込みが可能とありますが、どうしても参加したいものがある場合は、早めに申し込みに並んだ方が良いと思います。

しっかりと準備をして、家族みんなで笑顔になれる楽しい一日を過してくださいね。

かわさき宙と緑の科学館情報

開館時間:9:30~17:00

休館日:毎週月曜日(祝祭日の場合は開館、翌火曜日は休館)

祝祭日の翌日(土日の場合は開館)

年末年始 12月29日~1月3日

プラネタリウム投影時間:

土日祝:1回目10:30~・2回目12:00~・3回目13:00~・4回目14:30~・5回目15:30~
火~金:15:00~
夏・冬・春休み期間の平日:1回目10:30~・2回目12:00~・3回目13:30~・4回目15:30~

アクセス:生田緑地内 生田緑地へのアクセスはこちら

タイトルとURLをコピーしました